こんにちは!京都市伏見区に拠点を置き、京阪神エリア全域にて、業務用エアコン設置や空調設備工事の施工を行っているkima.techです。
エアコンには「電気代がかかる」というイメージがあります。
しかし近年では、エアコンに省エネ機能が備わり、さまざまな面で効果を発揮しています。
今回の記事は、業務用エアコンの省エネ機能がもたらす効果について、ご紹介させていただきます。

電気代の削減

木の机や革製品など使えば使うほど味が出る製品はありますが、業務用エアコンに関してはそうではありません。
日々技術は進化し、毎年のように、省エネ性能が向上した業務用エアコンが発売されています。
古いエアコンほど、省エネの効率が悪く、電力の消費も大きくなります。
電気代の削減や、冷暖房の効率を考えると、新製品の方が断然良いわけです。
もちろん、業務用エアコンを頻繁に買い替えることは難しいです。
10~15年が買い替えの目安といわれていますので、その周期での買い替えを検討した方が良いでしょう。

地球環境への配慮

職場の環境を快適なものにするには、エアコンの使用が欠かせません。
しかし、エアコンを稼働させることで消費電力が上がり、二酸化炭素を排出してしまいます。
近年、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を削減する、省エネタイプの業務用エアコンが普及し始めました。
そういった業務用エアコンを導入することで、環境破壊を抑制できます。
地球環境を守ることが、これからの社会には必要です。

人感センサーでさらに快適

夏の暑い時期に、業務に集中するために冷房は欠かせませんが、冷房が苦手だという人もいます。
冷房が当たりやすい場所では、ひざ掛けや上着など、冬の装備を用意しなければならず、酷い場合は「冷房病」になってしまう恐れもあります。
そういった場合、「人感センサー」を搭載した業務用エアコンが役立ちます。
さらに人感センサーは、人を検知し、温度や風向きを調整することができるので、省エネになります。
省エネの機能は、多くの人が快適に過ごせることにもつながるのです。

kima.techへご相談ください!

弊社では、業務用のエアコン取り付け・取り外しやメンテナンスなどのご依頼を承っております。
また、業務用エアコンの販売も行っておりますので、お客様のご要望に合った提案をさせていただきます。
エアコンの販売から施工まで、一貫して行っておりますので、安心してお任せ頂けます。
空調設備工事のご用命がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。